スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
松坂ら 米大リーグ移籍は対米黒字拡大要因に。
2006 / 12 / 08 ( Fri )
yahooニュースより引用

 
日本の野球選手などが米大リーグに移籍した場合、移籍金は日本企業に入り、日本の対米黒字を拡大させる要因になる。ただ、国際収支でどの項目に算入するかをめぐっては議論もあり、帳簿上の取り扱いの問題点も指摘されている。

 米大リーグのボストン・レッドソックスは西武の松坂大輔投手との独占交渉権をポスティングシステム(入札制度)により5111万ドル(約59億円)で落札し、現在契約交渉の最中だ。またニューヨーク・ヤンキースは2600万ドル(約30億円)で阪神の井川慶投手の独占交渉権を落札するなど、高額の移籍が増えている。これらの金額が実際に西武や阪神に支払われれば両企業の収益となり、日本の対米黒字を拡大させることになる。

感想:国際問題になってしまうほどの高額ってことね。
スポンサーサイト
07:30:31 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。