スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
アタシ、もうアベしちゃおうかな 意味
2007 / 11 / 18 ( Sun )
「アサヒる」「初音ミク」現代用語に収録
アメーバニュース
「フルボッコ」「ローゼン麻生」「アサヒる」「アタシ、もうアベしちゃおうかな」「初音ミク」などだ。「アサヒる」とは捏造する、でっち上げる、という意味で、朝日新聞が「アベする」という語句を創り出してまで自らの論調に相容れない安倍前首相らを執拗に攻撃した ...(続きを読む)


「フルボッコ」「ググレカス」などが「現代用語の基礎知識」に
INTERNET Watch
まもなく発売される「現代用語の基礎知識2008」には、「あのね商法」「ただしソースはソニー」「フルボッコ」「自宅警備」「アタシ、もうアベしちゃおうかな」「アサヒる」「サーセン」「ネットイナゴ」「ググレカス」「初音ミク」「痛車」「聖地巡礼」など、97の ...(続きを読む)



ゲームウォッチを見たことがありますか? ゲームウォッチは、昭和50年代の終わりごろ、任天堂が世界に先駆けて開発した、携帯型ゲーム機です。 ゲームウォッチが発売されるまでは、持ち運びできるゲームと言うと、トランプや花札、パズルのようなゲームくらいしかありませんでした。



ゲームソフトが世に出たばかりの頃は、どちらかというと、子供向けゲームソフトが多く売られていました。 しかし、子供だけでなく、大人もゲームに興味を示すようになり、大人を対象にしたゲームも発売され、人気のあるゲームは、発売日の朝早くから行列ができるほどです。 インターネットが普及したおかげで、特別なゲーム機を持たなくても、携帯電話でゲームができたり、パソコンでゲームができるようになりました。


また、最新機種のゲーム機を使えば、インターネット回線を使って、その場にいない人とゲームで対戦することもできるようになりました。 将来、ゲームは、どんな風に進化を遂げるのか、わかりません。 けれど、何十年先になっても、ゲーム自体がなくなることは決してないでしょう。未来では私たちの生活に今以上に密着したものが出てきて、生活の一部となり老若男女問わず楽しんでいることでしょう。


日本、次戦引き分け以上で五輪出場 サウジがカタール破る=サッカー五輪最終予選(スポーツナビ)
(続きを読む)


「もう1点取りたかった」李忠成=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「オシムさんに比べたら鼻が折れたくらい平気」水本裕貴=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「内容は反省すべき点が多い」水野晃樹=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「PKは試合を決めたい思い」本田圭佑=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「守備は貢献できたが、攻撃面はゼロ」柏木陽介=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「日本のために自分のプレーを」梅崎司=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「もっと人が動くように心掛けて」青山直晃=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「流れの中から点を取れて良かった」伊野波雅彦=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)


「リーダーシップを取ることが必要」青山敏弘=U−22サッカー日本代表(スポーツナビ)
(続きを読む)



スポンサーサイト
10:25:50 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。