スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
鳥居みゆき ブログ
2007 / 11 / 04 ( Sun )
2日NY市場は反発、ダウ27ドル高
2日のニューヨーク株式市場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比27ドル23セント高の1万3,595ドル10セント、ハイテク株中心のナスダック総合株価指数は同15.55ポイント高の2,810.38で終えた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=5d8000b2ca47297d0a6682dfc0fb4414"/>(続きを読む)


人民元レート仲値、1ドル7.4552元 切り上げ圧力強まる
中国人民銀行(中央銀行)から権限を委譲された中国外国為替取引センターはこのほど、11月1日の銀行間外国為替市場におけるドルなどの対人民元レート仲値を発表した。それによると、1ドル=7.4552元、1ユーロ=10.7888元、100円=6.4564元、1香港ドル=0.96189元、1ポンド=15.5031元。このうち、対ドル人民元レート仲値は2007年に入ってから、最高値を更新したのは67回目となった。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=3684cb3b191ac0fba5415a442ec17265"/>(続きを読む)


1日の上海総合指数6000台に乗れず 深センも下落で引ける
上海・深セン両株式市場は1日、調整局面が続いていたが、やや弱気だった。上海総合指数は、5978.94ポイントで寄り付き、高値は6005.13ポイント、安値は5912.50ポイント、0.68%安(40.48ポイント下落)の5914.29ポイントで引けた。売買代金は1107億6800万元。一方、深セン成分指数は19554.58ポイントで寄り付き、高値は19559.42ポイント、安値は19139.73ポイント、1.98%下落(386.54ポイント下落)の19144.62ポイントで引けた。売買代金は533億2100万元だった。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=2361f0524555f6f1b49336a12c91ed45"/>(続きを読む)


ジャスダック平均は続落=マザーズ主力株には ...
 ジャスダック平均、ヘラクレス総合指数は続落だが、マザーズ指数は3日ぶり反発。ここ軟調な展開が続いたことから、主力株の一角を買う動きが出ていた。SNSのミクシィ、モバイルサービスのDeNA、M&A仲介のGCA、ネット広告のサイバーが高い。10月30日上場で駐車場開発のPMOはストップ高。半面、不動産証券化のフィンテックは下げた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=d7627b9b11e2c1b6f110f9f05ad10fec"/>(続きを読む)


値下がり銘柄数1400超、平均株価は352 ...
 2日後場の東京株式市場では、全面安商状に軟調展開。平均株価は前日比352円92銭安の1万6517円48銭と3日ぶりに大幅反落し、前場終値を60円強下回った。週末要因に加え、今晩に10月米雇用統計の発表を控え、手じまい売りに押された。アジア株安や、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)での米株価指数先物の停滞も見送り要因につながった。中で銀行、証券などの金融株や、ハイテク、自動車などの輸出関連株をはじめ、広範囲に売られた。東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、32業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の82%強に達した。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=0993496bbf995a235c2382da3beb3943"/>(続きを読む)


AD: 作っただけじゃモッタイナイ【IBTimes】
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td valign="top">アクセスアップでホームページの有効活用!</td></tr><tr><td valign="top"><a href="http://www.pheedo.jp/click.phdo?a=Syd1lNwE%2B%2FpTXb8UO7ZXL9JQ89kXO%2FswHMWZQONtIphPCwyTJYUMnAVgKFw0SkRiSaRhw3BON3aB0OuHKFEm38oJVvv0nxoKvvuBUefwXV0MIrS%2BIMPKFddkXxVJJ5%2BvBNVrhgHYlR3LRitmd67Hp7%2BXo19BJoPuImABiGjdI3w%3D">www.jp.ibtimes.com</a></td></tr></table><div style="font-size:xx-small; padding-top: 1em;"><span style="border-top: 1px solid"><br style="display:none"/>Ads by Pheedo</span><img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?a=Syd1lNwE%2B%2FpTXb8UO7ZXL9JQ89kXO%2FswHMWZQONtIphPCwyTJYUMnAVgKFw0SkRiSaRhw3BON3aB0OuHKFEm38oJVvv0nxoKvvuBUefwXV0MIrS%2BIMPKFddkXxVJJ5%2BvBNVrhgHYlR3LRitmd67Hp7%2BXo19BJoPuImABiGjdI3w%3D"/><br/></div>
(続きを読む)


31日、中国市場の売買代金拡大 上海総合指 ...
中石油の新株発行の巨額な申込金が市場に戻ってきたため、上海・深セン両株式市場は31日上昇したと同時に、売買代金が増加した。上海総合指数は5900ポイントを回復した。両市場の銘柄はほとんど上昇し、上海株式市場で下落した銘柄は58銘柄、深セン株式市場で下落した銘柄は37銘柄で、合わせても100未満だった。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=dc4b3b5b6da6f69687b5c565516c5bb5"/>(続きを読む)


2日の東京外為市場=円売り優勢 ...
 2日の東京外国為替市場は、円売り優勢。リスク回避目的のドル売り・円買い一巡後に円売り(ドル買い)が強まった。パニック売りにならず平均株価が下げ幅を縮めたことや、輸入企業のドル買い(円売り)がドルの下値を支えた(円の上値を抑えた)。ただ、ドル上値は重い(円下値は堅い)。アナリストのシティ・グループに対する格下げで信用収縮懸念が再度広がっていることや、FOMC(米連邦公開市場委員会)の声明を受け「今年中に再度利下げがありうる」(市場関係者)との見方もドル上値を抑えた(円下値を支えた)。「米10月雇用統計を迎えるには1ドル=115円近辺は心地よい水準」(邦銀)といい、ポジションを積極的に傾ける動きは手控えられた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=412cc314abd70bb6df5c6fe0c834a1c8"/>(続きを読む)


AD: アクセスアップ=収入アップ【IBTimes】
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td valign="top">アフィリエイター、ブロガー必見!ライバルに差をつけろ!</td></tr><tr><td valign="top"><a href="http://www.pheedo.jp/click.phdo?a=pZ1E7Va7Oqx26HEsw718XC51QzHExEuA4Xw71uQC6ersnG8fSzpoPzpLPyL5DA3ybWV%2FUcyq3sVlh0LIUfz%2BhI5DugAv3xtjX2nhgnwqRAiY1EHdOO%2F0VLHXCuVEbcF3JpGkNXzNkpS8l5f8r4qhC1tUwIRI6sTxcQaDpgnOllE%3D">www.jp.ibtimes.com</a></td></tr></table><div style="font-size:xx-small; padding-top: 1em;"><span style="border-top: 1px solid"><br style="display:none"/>Ads by Pheedo</span><img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?a=pZ1E7Va7Oqx26HEsw718XC51QzHExEuA4Xw71uQC6ersnG8fSzpoPzpLPyL5DA3ybWV%2FUcyq3sVlh0LIUfz%2BhI5DugAv3xtjX2nhgnwqRAiY1EHdOO%2F0VLHXCuVEbcF3JpGkNXzNkpS8l5f8r4qhC1tUwIRI6sTxcQaDpgnOllE%3D"/><br/></div>
(続きを読む)


米国株急落を嫌気、全面安商状に平均株価は2 ...
 2日前場の東京株式市場では、全面安商状。平均株価は前日比289円13銭安の1万6581円27銭と3日ぶりに大幅反落した。1日の米国株式の急落を嫌気し、株価指数先物主導で売りが先行した。カナダ金融大手CIBCが、米シティグループは配当削減などによって資本増強すべきとし、投資判断を「中立」から「売り」に引き下げたことで、サブプライムローン問題に伴う悪影響が改めて懸念された。1ドル=115円台割れの円高・ドル安推移や、外国人投資家の売り越し姿勢も警戒され、下げ幅は一時380円を超えた。引けにかけ、押し目買いや、買い戻しに下げ渋ったが、切り返しの動きは限定された。東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、30業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の76%強に達した。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=4787ea1150f69631478cad78ceb32682"/>(続きを読む)



使い方を間違えると、とんでもないことになります。


30年もアメリカより遅れてるんですね。


流れで作ってしまったクレジットカードだとしても、今からでも規約を読んでみて、自分のカードの特典をチェックしてみてください。


どんな物事にもメリットデメリットがあります。その辺りをキチンと見極め、賢いカードライフを送りましょう。


スポンサーサイト
09:22:57 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。