スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
アスクル 個人
2007 / 10 / 17 ( Wed )

16日の東京外国為替市場=ドル・円は117円台割れ
 ドル・円は11日以来の117円台割れ。東京時間は117円台をキープしたが、欧州勢が参加する午後4時以降に対主要通貨で円の買い戻しが強まった。欧州ファンド筋の大口の円買い(ドル売り)をきっかけに、ストップロス(損失確定)の円買い(ドル売り)を巻き込み、ドル・円は116円半ばまで急落した。欧州株が下落して始まったことも、リスク回避目的の円買いを誘った。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=e874709b2839df0bf7d29e1225426bd0"/>(続きを読む)


ジャスダック平均は反落=新興3指数がそろって下落
 新興市場は全面安商状。ジャスダック平均は反落、マザーズ指数は3日続落、ヘラクレス総合指数は続落で、9月21日以来、新興3指数がそろって下落した。個人中心の利益確定売りが先行したもよう。ジャスダックはシステム構築の応用技術がストップ安し、半導体回路設計ソフトのジーダットも安い。半面、ドラッグストアのアライドハツは上げた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=f48bf79b5299b5407ae404074865b3ea"/>(続きを読む)


AD: ティム・オライリー来日決定!Web2.0 EXPO Tokyoで全てを語る
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td valign="top">「Web2.0 EXPO Tokyo」11/15・16開催。基礎、技術、マーケティング、デザイン、戦略までを各エキスパートが徹底的に語る!</td></tr><tr><td valign="top"><a href="http://www.pheedo.jp/click.phdo?a=JWdV8Cm%2F0WBrrX%2BSKcKcSOZATKL3z1iPZE%2BcTfcM8jBnXlzaXtPb2G00LdFhDEmlZz6t6chsg9Oe%2FXkuRZJ8mpOcM5L%2FT7fjyVBupVCckxTVrhhmq%2BR5IDJs0DJc5pLvj3xAonD6lG6pnjwYarPzxA%3D%3D">www.cmptech.jp/web2expo/</a></td></tr></table><div style="font-size:xx-small; padding-top: 1em;"><span style="border-top: 1px solid"><br style="display:none"/>Ads by Pheedo</span><img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?a=JWdV8Cm%2F0WBrrX%2BSKcKcSOZATKL3z1iPZE%2BcTfcM8jBnXlzaXtPb2G00LdFhDEmlZz6t6chsg9Oe%2FXkuRZJ8mpOcM5L%2FT7fjyVBupVCckxTVrhhmq%2BR5IDJs0DJc5pLvj3xAonD6lG6pnjwYarPzxA%3D%3D"/><br/></div>
(続きを読む)


売り一巡後に安値圏で停滞しほぼ全面安、平均株価は220円安と大幅反落=東京株式市場・16日後場
 16日後場の東京株式市場は、売り一巡後に安値圏で停滞しほぼ全面安。平均株価は前日比220円23銭安の1万7137円92銭と大幅反落した。後場寄り付きは前引けにかけ下げ渋った流れを受け、やや戻りを試す展開となったが、買い物は続かず再び下値トライに。信用収縮懸念の再燃から金融株が引き続き足を引っ張ったほか、9月中旬からの一本調子の上げで短期的な過熱感もあり、利益確定売りに押された。新興市場が軟調に推移したことも市場心理の後退につながった。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=95f6657e7c1fdca060b12d440ac7ea97"/>(続きを読む)


16日の東京外国為替市場=円買い一 ...
 円買い一服。16日の東京外国為替市場は、米シティグループ決算を受けた米国株安を背景に、短期筋のリスク回避目的の円買い(ドル売り)や、豪州や欧州国債償還に絡むドル売り(円買い)が出た。ただ、ドル売り・円買い一巡後は、「利益確定が一巡、売り方(ドルの)が見当たらなくなった」(邦銀)といい、1ドル=117円台は維持。117円台前半での輸入企業のドル買い・円売りも、ドル下値を支えた(円上値を抑えた)。センチメントはドル買い・円売りに傾いており、目先再び117円台後半に控えるテクニカルのフシを試す展開が予想される。ユーロ・円は軟調。1ユーロ=166円半ばで推移した。G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)でユーロ高是正発言が出るとの見方から対主要通貨でユーロは買われにくい。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=b7981eec733867f494f82a29535eb22c"/>(続きを読む)


15日の上海総合指数6000の大台突破 深センは ...
上海総合指数が15日、6000ポイントの大台を突破した。15日の上海総合指数は前営業日比31ポイント高の5934.77ポイントで寄り付いた。その後、5866.13ポイントまで下げたが、好調な中国石油、宝山鋼鉄、中国聯通などブルーチップ株に牽引されて上昇を開始、午後には6000ポイントの大台を突破、前日比2.15%高の6030.09ポイントで取引を終えた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=17f8884ce46e4b3d7cafc2eb540f2de0"/>(続きを読む)


先物主導で売り先行後に下げ渋り、平均株価は ...
 16日前場の東京株式市場では、売り先行後に下げ渋る展開。平均株価は前日比175円79銭安の1万7182円36銭と大幅反落した。15日の米国株安、シカゴ先物安を受け、寄り付きは売り先行。欧米経由で合計650億円の大口売りバスケット(買いバスケットはアジア経由で200億円)が観測されたこともあり、先物市場で300〜500枚単位のまとまった売りが出て、平均株価は下げ幅を拡大した。信用収縮懸念の再燃などを嫌気して金融株が売られ、午前10時29分には1万7128円72銭(前日比229円43銭安)まで下落したが、売り物が一巡すると引けにかけ下げ渋りに転じた。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=20dcf82fea45a351f09b79bd34814e81"/>(続きを読む)


先物主導で下げ幅拡大、銀行、証券など金融 ...
 16日の東京株式市場では、下値模索の展開。米国株安を受け、寄り付きは売り先行。その後、先物市場での大口売りをきっかけに下げ幅を拡大している。欧米経由で合計650億円の大口売りバスケットが観測されたことも嫌気され、午前9時34分には1万7195円37銭(前日比162円78銭安)まで下落した。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=0d7ed2505bf38d5bd40836618beb8c2a"/>(続きを読む)


バーナンキ議長:住宅市場の低迷が経済の減速 ...
米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は15日、深まる住宅市場の低迷が来年にかけての米経済の大きな足かせとなる可能性が高く、金融市場がクレジット危機から完全に回復するまでには時間を要するとの見解を示した。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=1f225b921ea8ff3ec4a595cb4baca3a2"/>(続きを読む)


15日NY市場、ダウ108ドル安 ...
週明け15日のニューヨーク株式市場は反落した。ダウ工業株30種平均は、前週末比108ドル28セント安の1万3,984ドル80セント、ハイテク株中心のナスダック総合株価指数は同25.63ポイント安の2,780.05で終えた。米大手銀がクレジット市場を救済するためのファンドを設立するというニュースが不良債権に対する市場の不安を掻き立て、原油相場が初めて1バレル86ドルを超えたことも嫌気された。<br style="clear: both;"/> <img alt="" style="border: 0;" border="0" src="http://www.pheedo.jp/img.phdo?i=17af8f821919d94d53eab08ba0806f84"/>(続きを読む)



キャッシングという言葉は、かなり一般的になってきましたね。テレビなどでもよくCMが流れるようになっています。 テレビをつければキャッシングのコマーシャルが流れているといってもいいほど様々なキャッシング会社が出来ています。 キャッシング会社から簡単な手続きでお金を借りられるキャッシングはとても便利で利用しやすいものです。



返済時の注意点として、返済額の10%程度が利子となり、残りの90%が借金分から差し引かれます。 よい暮らしを求めて自分の背丈以上の買い物をする人が後をたたなくなってきている現状があります。これは生活水準を高くさせるためのテレビコマーシャルなどの影響によるものでしょう。 キャッシングローンのニュースを最近よく見かけます。内容としてはローンを返済できず、何社からも借り、それも返済出来ず、最終的には夜逃げ・犯罪を犯すというものです。


しかし、借りたお金を返すことは当たり前のことです。借りっぱなしにしておくことはできないのです。 計画的にお金を借りることをキャッシング会社のCMでもすすめています。借りっぱなしにすることはできないのです。 カードでの購入は十分に注意しましょう。身の丈にあった現金で払えるだけにしていきたいものですね。


スポンサーサイト
06:25:58 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。