スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
斉藤洋介 息子
2007 / 08 / 25 ( Sat )

最近、とても身近なものになってきたもののひとつにキャッシング・キャッシュカードがあります。 今ではキャッシング会社や消費者金融には昔のサラ金のような暗いイメージはなく、利用しやすくなっています。 少ない金額、たとえば1万円からでも借りられるキャッシング、とても利用しやすくなっていますね。



キャッシング会社や消費者金融では年間20パーセントの利子がかかってくるのが当たり前のようになっています。 たとえば100万円借りるとします。そうすると年間20パーセントの利子ですので120万円になるのです。 このキャッシング会社の高いキャッシングの利子が話題となり、2006年に利子を引き下げようという議論がでています。


お金を借りたのなら、借りた以上の金額を返すことになるのは当たり前の話です。借りたお金には利子がつくようになっているのですから。 1万円からでも借りられるキャッシング、とても気軽にできてしまいますが、しかしこれは借金です。 借金をしたなら、必ず付いて回るのが返済のことです。当然ながら借りたお金はきちんと返さなければなりません。このことを肝に銘じておきましょう。



スポンサーサイト
12:17:24 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。