スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
斉藤洋介 息子
2007 / 08 / 23 ( Thu )

大学生の留学というと、大きく分けて、大学が提携している姉妹校へ留学する「交換留学」と、大学を休学して行く「私費留学」の2通りがあります。交換留学の場合、日本の大学に学籍をおきつつ、現地の大学にも学籍を置くという形になっています。


「交換留学」にするか、「私費留学」にするかを選ぶには、それぞれのメリット・デメリットをよく把握して決めましょう。留学先の国、学費、旅費、生活費、どこの大学にするか等、考えることは山ほどあるのです。


まずは「交換留学」のメリットを挙げてみましょう。交換留学は現地の大学に入学するわけですから、専門的な授業を受けることが出来ます。そして現地の大学には入学金を納める必要がありません。単位換算ができたり、日本の大学を4年で卒業できる可能性があることもメリットに挙げられます。


では「交換留学」のデメリットも考えてみましょう。まず交換留学は、留学地の候補が制限されます。そして単位を取らなければならないので、自由な時間がかなり少ないです。そういう点もきちんと頭に入れて、しっかりと準備することが大切です。



スポンサーサイト
05:57:49 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。