スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
小林薫
2007 / 08 / 22 ( Wed )

常に美しさを求める女性なら、ダイエットに興味があるのは当然ですね。単品ダイエット、除去ダイエット、置き換えダイエット、サプリメントに果ては断食まで、ダイエットの種類も実に様々です。しかし、どんなダイエットも大きな問題点があります。それは、継続が難しいということです。 続けられないのは、極端な食事制限で体に無理がかかり、集中力や活力を奪い、やがて貧血などの症状がでるという具合に、維持することが困難だからではないでしょうか?偏った栄養、絶対的不足の食事量、これでは続くはずがありません。 食事をおいしくいただけることは、健康のバロメーターでもあります。美しく健康的なダイエットをめざすなら、美味しい食事は何よりも大切です。痩せることだけにこだわって、健康を害したり、極端で不味い食事制限をするのは、ダイエットの基本に外れていると言わざるをえません。



きっちり食べると言っても食べ方に注意は必要です。まず、必ず1日3食摂りましょう。よく朝食を抜く人がいますが夕食をたくさん食べていたら結果的に太りやすくなってしまいます。それは朝や昼に摂ったカロリーは日中の生活で消費されますが、夜に摂取したカロリーは使われずそのまま身になるからです。 夕食で気をつけることは、主食を控えめにということです。ついついご飯が進んでしまうという人は、おかずを薄味にしてみましょう。だしをしっかりとって旨みを強調し、塩分を控えめにすることで薄味になります。また、満足感のない食事では、すぐに挫折してしまうので、低カロリー食材を使って全体量を増やすなど、満腹感を得る工夫も大事です。そのためにも、食事はできるだけ手作りにしましょう。 ダイエット中でも、肉や魚はきちんと食べましょう。なぜなら、肉や魚は体にとって大切な栄養素であるタンパク源になるからです。特に魚は低カロリーで栄養豊富な優秀食材です。カロリーの低さで選ぶなら白身魚ですが、お薦めはDHAやEPAが豊富に含まれている青背の魚です。また、肉の油分やカロリーが気になる場合は、脂肪の少ない赤身を選び、いったん茹でこぼして油分を減らすようにすればいいですね。そして、骨の形成に必要なカルシウムが豊富な卵や乳製品も毎日摂りましょう。


急に食事量を減らせと言われても、なかな難しいですよね。だから、量は同じで、カロリーだけ少なくするような工夫をしましょう。例えば、野菜や海草などの低カロリー食品をたっぷり使ってカサを増やしたり、スープにしてボリュームを持たせるなどすればどうでしょうか。「満足した!」と思えるような食事にすれば、カロリーコントロールも辛くはありませんよね。それに、飲み会などのお誘いもこれまでどおり楽しみましょう。その代わり、翌日の食事を控えたり、いつもより余分に運動をするなど、ちゃんと調整する癖をつければいいのです。 ぜひ、毎日体重計に乗って、その記録をつけてみてください。体重の増減を目の当たりにすると、生活や食生活を見直すきっかけになり、それがダイエットにも良い効果をもたらします。家族や友人にも「ただ今、ダイエット中」と宣言して、明るく楽しくダイエットに取り組みましょう。わざわざ大げさなスポーツを始めなくても、階段の上り下りや、電車やバスの中では座らないなど、日々の動作を意識するだけで充分なのです。 急激なダイエットはリバウンドもしやすく、また肌がカサカサになったり、女性は生理が止まったりする可能性もあります。体調をこわしてしまったりストレスをためてしまっては意味がありません。きちんと必要な栄養を摂りながら、筋肉や骨を減らすことなく、きれいで健康的に痩せましょう。



スポンサーサイト
17:18:55 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。