スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
雷情報 東北
2007 / 08 / 21 ( Tue )

80年代以降流行しだした、コンピューターゲームは「ゲームの代名詞」にもなっています。大変たくさんのジャンルがあります。 電車の中や仕事の休憩中などでも、ポータブルのコンピューターゲームをバッグから取り出して、無我夢中になっている人も結構いるようですね。 また、最近では数え切れないほどの魅力あるゲームソフトがたくさん発売されています。テレビゲームにしてもポータブルのゲームにしても豊富に揃っているのが魅力的ですね、あなたはどのジャンルにしますか?


ゲームの世界では、現実とは違った世界を体験できます。現代の社会では到底無理な冒険や恋愛、戦闘などを安全に楽しむ事ができます。それにもし死んでしまっても生き返ることができます。 なぜ今、ゲームに逃避する人が増えているのでしょうか?それは、職場や学校などにおける人間関係などをはじめとして自分の思い通りにならないことがたくさんあるからでしょう。 ゲームをやりすぎると対人関係が苦手になり、「引きこもり」になることもあります。現実から逃避するために自分の思い通りに操れるゲームの世界にはまってしまうようです。


「引きこもり」になると、心身に悪いだけでなく、自分の家族にまで迷惑をかけてしまうこともあるので注意したいですね。 ゲームの楽しみ方は人それぞれですから、友達と遊びたい、親子で遊びたい、1人でゲームで頭を鍛えたいなど、自分の好みにマッチしたジャンルのものを選んだら良いでしょう。 また仕事や勉強のリフレッシュのためにうまくゲームで遊びましょう。のめりこまないように子供みたいですが、ある程度時間を決めてやるとよいでしょう。


ゲームは楽しさに夢中になり、つい遊び過ぎて視力が低下したり、室内で遊ぶことから体力が低下したりと、マイナス面もあります。 しかし最近は年齢性別を問わず、脳を鍛えたり頭をよくするといったゲームも出ています。指先を動かしたり考えることで脳に刺激を与えます。 ゲームはあまり長時間続けない、休息を取りながらほどほどに親子で気をつけて楽しみめると良いですね。


スポンサーサイト
19:04:10 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。