スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
靖国神社 祭り
2007 / 08 / 20 ( Mon )

女性なら誰でも気になるのがダイエット。その種類はあまりに多く、思いつくだけでも、単品ダイエット、炭水化物抜きダイエット、オイルカットダイエット、断食やサプリメントの飲用まで、挙げ出したらキリがありません。そして、多くの人に共通するのが「ダイエットは長続きしない」ということです。 続けられないのは、極端な食事制限で体に無理がかかり、集中力や活力を奪い、やがて貧血などの症状がでるという具合に、維持することが困難だからではないでしょうか?偏った栄養、絶対的不足の食事量、これでは続くはずがありません。 やはり、おいしくバランス良い食事をして、健康的に痩せるというのが理想です。おいしく食事が出来る事が健康の証なのですから、基本に戻ることが大切ではないでしょうか。たとえ、痩せることが目的であっても健康を害する方法ではダイエットとは言えません。



「きちんと食べる」といっても、それには注意が必要です。まず、1日3食摂ることが大切です。朝食を抜くという人もいるかと思いますが、その分夕食をたくさん食べていたら逆効果ですね。朝や昼に摂った食事のカロリーは、日中のうちに消費されますが、夜の食事で摂ったカロリーは、そのほとんどが使われずに身になってしまうからです。 また、夕食では主食を控えめにすることが大事です。ついつい、ご飯が進みすぎてしまうという人は、おかずの味付けを薄めにするのも手です。塩分を控えたり、だしの旨みを強調したり、辛味で刺激を加えたりするなど、色々と工夫してみましょう。そのためにも、食事は手作りを心がけましょう。 そして、ダイエットを長続きさせるためには、食事の満足感が何より大切ですね。量が少ないと思ったら、低カロリーな食材を使って全体の量をふやすのも賢い方法です。 ダイエット中も肉や魚は摂らなくてはいけません。体にとって重要なタンパク源になるからです。特に魚は低カロリーで栄養豊富です。中でも青背の魚は、重要な栄養素ながら摂取しにくいと言われるDHAやEPAが豊富に含まれています。ぜひ積極的に食べてください。肉の油分やカロリーが気になるようなら、脂肪の少ない赤身を選ぶなり、いったん茹でこぼして油分を減らすなどの工夫をして下さい。また、骨を形成するのに必要なカルシウムを摂取するために、卵や乳製品も毎日摂りましょう。


急に食事量を減らせと言われても、なかな難しいですよね。だから、量は同じで、カロリーだけ少なくするような工夫をしましょう。例えば、野菜や海草などの低カロリー食品をたっぷり使ってカサを増やしたり、スープにしてボリュームを持たせるなどすればどうでしょうか。「満足した!」と思えるような食事にすれば、カロリーコントロールも辛くはありませんよね。それに、飲み会などのお誘いもこれまでどおり楽しみましょう。その代わり、翌日の食事を控えたり、いつもより余分に運動をするなど、ちゃんと調整する癖をつければいいのです。 体重計はお持ちですか?もしなければ早速購入して、ぜひ毎日計って記録をつけてみましょう。体重の増減を数字で見ると、食べ方や生活を見直すきっかけにもなりますし、自らを励ます材料にもなります。また、家族や友人にダイエットを公言して、協力してもらうのも手ですね。大げさなスポーツなど始めなくても、日常のちょっとした動作を意識するだけでも効果はあります。例えば電車やバスでは座らない、タクシーを使わず歩く、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、こんなちょっとしたことでいいのです。 急激なダイエットは「リバウンド」という厄介な結果をもたらしかねません。しかも、お肌がカサカサに荒れたり、女性の大切な生理まで止まってしまうこともあります。このように体調を崩したり、ストレスがたまるようなダイエットでは、何の意味もありませんね。栄養バランスの良い食生活と、筋肉や骨は減らさず脂肪だけを減らす正しい運動で、美しく健康的に痩せることをめざしましょう。



スポンサーサイト
09:54:05 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。