スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
宮崎あおい 高岡蒼甫
2007 / 08 / 18 ( Sat )

最近、キャッシング・キャッシュカードというこれらの言葉はとても身近に感じられるようになってきています。 気軽に利用できるようになったもののひとつにキャッシングや消費者金融があります。しかし、以前はサラ金と言われ暗いイメージがありました。 お財布がピンチのときには、キャッシングでしのいでしまえばいいという気持ちになってしまいますね。



テレビなどで宣伝している普通の消費者金融では借りたお金に対して、年間20パーセント以上の利子がかかるのが当たり前です。 たとえば100万円をキャッシングしたら、単純計算して120万円(年間20パーセントの利子と計算して)を返すことになります。 このキャッシングの利子の高さが話題となり、キャッシング会社のキャッシングの金利を引き下げる動きがでてきているようです。


当たり前の話ですが、キャッシングをしたなら借りた分のお金に利子をつけた金額をキャッシング会社に返さなければならないのです。 つい、ピンチになったらお手軽にお金を借りてしまいそうになりますが、あくまで借金。銀行とは違うのです。 忘れてはならないことは、キャッシングしたお金は借金であること。借金はかならず返さなければならないことを肝に銘じておきましょう。



スポンサーサイト
21:56:07 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。