スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
朝顔市
2007 / 07 / 08 ( Sun )
夏が来た! 入谷朝顔市にぎわう
JanJan
初夏の風物、朝顔市が6~8日に開かれた。 寺の境内や周辺に120軒余りの露店が並んだ。花が咲き始まる早朝から赤や青や茶の朝顔を求め、大にぎわいであった。 渋い色の「団十郎」に人気が集まっていた。1鉢2000円。期間中の人出は40万人と見込まれている。 ...(続きを読む)


朝顔市は人波でごったがえす!夏の風物詩は堅固な警備で混乱なし=東京
ライブドア・ニュース
買った朝顔の育成のコツについて、8月中旬ごろまでは花がしぼんだら摘み取ってしまい、タネにしないこと。9月中旬ごろに咲いた花でタネをとる、などを教えてくれた。肥料のサンプルまでもらって市場を出ると、蒸し暑さがなくなり涼しい風が感じられた。朝顔市の蒸し暑い ...(続きを読む)


朝顔市の準備万端/東京・江戸川区
日本農業新聞
東京都江戸川区鹿骨地区では6日から始まる「入谷の朝顔市」に向け、園芸農家17戸が、アサガオのつる巻きなど出荷直前の手入れに大忙しだ。500鉢を出荷予定の川手俊雄さん(56)は、葉にふが入る「暁」シリーズ12種を栽培している。(続きを読む)


江戸川アサガオ“即鮮力”
朝日新聞
東京の夏の風物詩・入谷鬼子母神(台東区下谷1丁目)の「入谷の朝顔市」が6日始まる。販売されるアサガオは、もともと地元で栽培していたが都市化で農地がなくなり、今では7割近くを近隣の江戸川区の園芸農家が栽培している。「本家の朝顔市に最高級のものを出したい」 ...(続きを読む)


7月1日に開催された朝顔市。=東京都江東区
ライブドア・ニュース
東京都江東区の深川神明宮境内を会場として開催された森下朝顔市は、大勢のお客さんが訪れて賑わっていた。(撮影:葦乃原 光晴、7月1日) 【PJ 2007年07月02日】- 7月1日(日)、東京都江東区の深川神明宮境内で森下商店街振興組合主催の朝顔市が開かれた。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
22:17:25 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。