スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
出産育児
2007 / 07 / 05 ( Thu )
妊娠・子育て家族のお買い物支援に有力サイトと提携 -【こそだて】ショッピングページリニュウアル
Dream News (プレスリリース)
昨今、産院・小児病院の減少傾向と都市部への集中が進み、都市部以外での妊娠・出産・育児に際しては、相談・情報収集もままならなくなってしまいました。【こそだて】は、妊娠・出産・育児に関わる情報を、会員登録の必要も無くどなたでも閲覧・利用していただけるサイト ...(続きを読む)


男性が育児休暇を取るためのコツは?--育児と仕事の両立を考える
CNET Japan
もしいた場合、その人は出産育児休暇が取れただろうか?その人は何年間も休むことができただろうか?そのとき、上司や周りの人たちはいやな顔をしなかっただろうか?そして問題なく、それまでと同じように仕事に復帰できただろうか?――これらの問いにもし「NO」と答える ...(続きを読む)


【新なるほど講座】ワーク・ライフ・バランス
フジサンケイ ビジネスアイ
1980年代は、主に女性社員にとっての「仕事と家庭」の問題と考えられ、出産・育児や介護支援など、企業の制度改革が進みました。しかし近年では性別や年齢、子供の有無に関係なくすべての社員を対象に、個人の生活を大切にした「働きやすい仕組み作りをしていこう」 ...(続きを読む)


ウィメンズナウ
公明新聞
出産育児一時金を現行35万円から50万円への引き上げをめざします。 妊娠・出産にかかる経済的負担を軽くしようと、健康保険から支給される「出産育児一時金」が、昨年(2006年)10月から35万円(従来は30万円)に引き上げられました。 ...(続きを読む)


来年まで生めない?困る~!
朝日新聞
最近、出産育児一時金が35万円になったのは本当にありがたい。しかし、保険の利かない健診や赤ちゃんを迎えるためにそろえる物など、トータルで考えるとまだまだ足りないんです。 足りないと言えば、産婦人科医の数。総合病院ではなく、産院で探したのですが、産婦人科 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
11:02:42 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。